top of page
検索
  • 執筆者の写真大山 慧

土地家屋調査士業務においてのコロナ対策について

現在、東京や大阪の感染者数が増加傾向にあります。土地家屋調査士業務の中での確定測量では現地での境界位置の確認がかかせません。

コロナが蔓延する以前は隣接土地所有者をできるだけ一同に集めて立会を行うことが多かったですが、現在当事務所では可能な限り日程・時間をずらしての立会をお願いしております。

また、個人的に不要不急の外出を控え、役所・依頼者とのやり取りは可能な限り対面でのやり取りを控え、郵送での対応をお願いしています。


皆様にはご迷惑をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あけましておめでとうございます

本年も宜しくお願い致します。 新年早々コロナに罹患しました。 1日の夜に発熱、2日の朝に検査キットで陽性確認、3日の朝には解熱、体調良好という状況ですが、10日までお休みとさせて頂きますので、ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

暑くなってきました。

桜も散ってしまい、昼間は暑くなってきましたね、夏の猛暑に向けて空調服を購入しました。 今年の夏はがんばって測量できそうです。

遅くなりましたが新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 年末~新年とバタバタとしていまして、挨拶が遅くなってしまいました。 相変わらずコロナが落ち着かない様子ですが、健康に気を付けていきたいと思っておりますので、皆さま宜しくお願い致します。

Comentários


bottom of page